本文へスキップ

登録商標山手心理相談室のインターネットHPです。発達障害・うつ・不安症・依存症・アダルトチルドレンなどお気軽に。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06(6180)6280

大阪市中央区北久宝寺町4−3−8−512

適応障害MALAJUSTMENT

適応障害について

適応障害は、ある特定の状況や出来事(たとえば、昇進・転勤・結婚・同居・海外勤務など)が当
事者にとって耐えられないほどつらく、耐えられないと感じられること。また、その状態の持続に
よって気分や行動面にさまざまな症状が現れてくることをいいます。ストレス要因により、日常生
活や社会生活、職業・学業的機能において著しく停滞が発生し、一般的な社会生活ができなくなる
ストレス障害です。

たとえば以下のような症状です。

*勝手に涙が流れるというほど涙もろくなる
*過剰な心配・不安・抑うつ状態
*瞬間的に怒りが出る・無謀運転
*焦燥感・不眠や過眠・食欲不振
*頭痛・腹痛・倦怠感・慢性的な疲労感

適応障害は、ストレスとなる状況や出来事がはっきりしているので、その原因から離れると状態は
次第に回復します。
しかし、ストレスの原因(ストレッサー)から離れられない、あるいは取り除けない状況(原因が
職場の上司であったり、学校の先生であったりする場合など)では症状が慢性化することもありま
す。そういった場合は、カウンセリングを通してストレスフルな状況に適応する力をつけることも
有効な選択肢ですが、実際にはカウンセリング対応範囲以上のストレスを受けることも多く、その
場合は医療機関での対応も念頭に置いていただくことになります。

どんな場合でも同じですが、症状を自覚したら早めにカウンセリングを受ける事が大切です。カウ
ンセリングだけで対応できなくなると服薬も併用するわけですが、改善も2段階にわたりますので
時間を要します。ご家族の方などにぜひ気づいていただきたいところです。


適応障害がもたらす日常生活の停滞

成人の場合、職場で強いストレスを感じる・職場に行くと体調が悪化する・集中力や判断力の低下
から仕事が思うようにが進まない・倦怠感が取れないといった現象が発生します。

主婦の場合では、家事をする気が起きない・部屋を片付けられない・子供を放置するなどの現象が
起こります。適応障害という現象はストレスが原因であることが多いため、そのストレッサーを取
り除くと症状も回復する場合が多いのです。

適応障害のカウンセリング

<適応障害>という現象はさまざまに分化します。まず症状を引き起こしているストレッ
サーに気がつくかどうかが早期発見・早期回復につながります。そして、そのストレッ
サーの排除が可能なのか・可能ならばどのようにすべきか、不可能ならばどうするのかと
いう設計図を描けるカウンセラーを選ぶことが大切です。

特に会社関連の場合、社会人経験がない(少ない)カウンセラーでは的外れな意見を伝
えることもありますので、十分注意が必要です。




   カウンセリング 山手

山手心理相談室
ネット山手心理相談室

〒541-0057
大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

TEL 06ー6180ー6280

<山手心理相談室>は株式会社
ミュゼ・アルディの登録商標です

当サイトのご利用方法

メールでのご予約

実店舗料金抜粋

実店舗へのアクセス

メール相談

電話相談

無料メール

サイトマップ