本文へスキップ

登録商標山手心理相談室のインターネット情報提供サイトです。発達障害・うつ・不安症・依存症・アダルトチルドレンなどお気軽に。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06(6180)6280

大阪市中央区北久宝寺町4−3−8−512

不思議な会話MYSTERY

会話の落とし穴

アスペルガー症候群の方に限らず、アダルトチルドレンやその他会話を苦手とされる方は多いです。
コミュニケーションという言葉を聞いただけで足がすくむ方も多いでしょう。

次の会話は、日本に住むおばあちゃんのうちにアメリカ(イギリスでもかまいませんが)在住のお孫
ざんが帰ってきたという設定です。

大変申し訳ありませんが、読んでいるうちに気分が悪くなることがありますので、心配な方は他ペー
ジへと方向転換してください。

 <孫娘とおばあちゃんの会話>


『おばあちゃん、肩を叩いてあげようか』

「ほう、それじゃお願いしようかねえ」

『おばあちゃんの体って、骨ばかりなのね』

「そうそう、年取ると肉がなくなって骨ばかりになるんだよ」

『おばあちゃん、骨ってひとつ3ドルくらいで買えるの?』

「おやおや、売ることはできないよ」

『じゃあ、ひとつちょうだい!』




さて、いかがでしょう。まだ幼いお孫さんは、骨というものにとても興味を示しているように思えま
す。これは幼い子供だからそう思えるのであって、成人の方がこのように話をしたとすればどうでし
ょうか。

たいていの方は、その話をされた方を敬遠することになりませんか。話している間に気持ちが悪くな
る方も出てくるかもしれません。

「気持ち悪い(気分を害する)」ヤツだ。こんな人間とは話さないほうが身を守れる。そう考えても
不思議ではありません。

話している当人には、まったく悪意はないのです。だから、当人はみんながなぜ自分から離れていく
のか理解できず、たださみしいと思う(感じない方もおられます)ようになります。

周囲にこのような方がおられるのなら、一度山手心理にお越しください。(ご本人に自覚がある場合
に限ります)自覚のない場合にはご家族の方だけでも構いません。



   カウンセリング 山手

山手心理相談室
ネット山手心理相談室

〒541-0057
大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

TEL 06ー6180ー6280

<山手心理相談室>は株式会社
ミュゼ・アルディの登録商標です

当サイトのご利用方法

メールでのご予約

実店舗料金抜粋

実店舗へのアクセス

メール相談

電話相談

無料メール

サイトマップ