本文へスキップ

登録商標山手心理相談室のインターネットHPです。発達障害・うつ・不安症・依存症・アダルトチルドレンなどお気軽に。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06(6180)6280

大阪市中央区北久宝寺町4−3−8−512

ADHDADHD

成人(大人)のADHD

アスペルガー症候群とは違う症状でありながら、極めて近いところに存在するのがADHDです。

現在の診断方法では、ADHDの症状が見られる場合でも自閉症系の診断を優先的に行うシステムになっているため、単純に区別することが難しくなっています。

成人のADHDには次のような症状が見られます。

1.不注意
ものを紛失することが多い・毎日の行動がめんどうになるなど、周囲に対する注意力が低下するために発生します。

2.多動性
じっとしていることが苦手で、大人であっても貧乏ゆすりをしたり、相手が話をしているのにティッシュを破いたりすることがあります。

3.衝動性
映画を見るために並んでいる列から飛び出して割り込もうとしたりします。

自分はADHDだと思っている方はかなり多いようです。しかし、ADHD(注意欠陥・多動性障害)にははっきりとした定義がなく(論争中)、医師によって診断はバラバラという状態です。アンケートで、ある項目に○をつけるだけでADHDだと診断する医師もおられるのが実情です。

アスペルガーとADHDの境界も実際には明確でなく、特にお子さんの発達で苦しんでおられる方は多いと思われます。ADHDの診断が下された場合でも、症状の改善はまだ手探りなのが実態です。

ADHDなどの診断がついても、ひとりひとりの状態はまさに千差万別。病気とはいい切れないものを一気に改善することはできませんが、そのような状態に苦しんでおられる方はぜひ当相談室をお訪ねください。ADHDかどうかという診断はできませんが、カウンセリングと認知行動療法を中心にさまざまな対応を行っています。一緒に悩んでより良い方向を見出していきましょう。

興味をもたれた方は、当相談室教材「アスペルガー・新型うつの真実とカウンセリングの受け方」を ご参照ください。夫が、妻が何かおかしいという状況の方には特にお勧めです。

★とりあえずメールで相談したいとお考えの方は左記リンクよりお申し込みください。




   カウンセリング 山手

山手心理相談室
ネット山手心理相談室

〒541-0057
大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

TEL 06ー6180ー6280

<山手心理相談室>は株式会社
ミュゼ・アルディの登録商標です

当サイトのご利用方法

メールでのご予約

実店舗料金抜粋

実店舗へのアクセス

メール相談

電話相談

有料メール

無料メール

サイトマップ